筋トレの順番


筋トレをする時に、何から行えばいいか悩んだことはありますか?

順番はとても大事なんです。

基本的なことは、


・鍛えたい部位
・大きい筋肉
・高重量扱えるもの


から鍛えることが効率的です。

まず、大きい筋肉と言うのは、カラダの末端とは逆の、胸、背中、腿、と言った部位です。

(腹筋は例外)


例えば胸を鍛えたいとき、代表的な胸のトレーニングであるベンチプレスをする方が多いと思います。


ベンチプレスを行うときは、胸だけではなく腕や肩も共働して使うため、腕や肩を先にトレーニングしていると、腕や肩が疲れているため、ベンチプレスで最大にチカラを発揮して胸に大きな刺激を入れることができなくなってしまいます。


そうなってしまっては、鍛えたい部位を効率よく鍛えることができませんね。

逆にカラダの末端の腕や、肩、ふくらはぎと言った筋肉は、大きな筋肉が疲労していてもトレーニングができます。

腹筋や背筋(ここでいうのは脊柱起立筋下部)は一通りのトレーニングを終えてから行いましょう。

理由としては、腹筋や背筋と言うのは、筋トレの動作でお腹にチカラを入れて姿勢を保ったりと、ケガの防止に繋がるからです。

腹筋、腕、肩だけを鍛えたい場合、大きい筋肉から鍛えると言ったものとは矛盾がありますが、そのような場合は、その部位を鍛える日を設けることが理想的です。

トレーニングを始めたての場合は、大きな筋肉の、胸、背中、腿と言った筋肉のトレーニングをしっかり追い込むことだけでも、全身を鍛え変化を与えることができます。

初めのうちは種目数を増やすばかりではなく、少ない種目数をしっかり追い込むことから始めましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000