トレーニングの5大原則


①継続性・反復性の原則

反復して適切なトレーニングストレスが身体に与えられることにより、トレーニング効果を得られます。


トレーニングによる身体の変化は長期間かけて現れるため継続的なトレーニングが必要です。


結果が出るスピードは人によって違います。

長い目で見てあきらめずに続けることが大事です。


②特異性の原則

そのトレーニングによって特定の変化や効果を得たい場合、特定の方法でトレーニングをする必要があるということです。


例えばヒップアップをさせたいのであれば、ベンチプレスをあえて行うのではなく、スクワットやアブダクションなど、目的に応じたメニューを行う必要があります。



③過負荷の原則

トレーニングの負荷や強度、ストレスを過去に体験した以上のものを経験しない限り、十分な効果を得ることができないということです。


狙った筋肉やトレーニング内容の特異性を考慮しながら、重量、REP数(回数)、セット数、休憩の短さなど、トレーニングストレスを常に少しきついくらいで増大させましょう。


きつくないトレーニングは、内分泌系の応答のないトレーニングです。それでは成長ホルモンなども働きにくいので、しっかりきつめに追い込みましょう。


④漸進性の原則

個人のカラダに合わせてトレーニングの負荷や強度を徐々に重く、強くしていくようにすることが大事です。


個人にとって常に高いレベルで安全にトレーニングを行うために、漸進的にトレーニングの負荷や強度を上げていきましょう。


⑤可逆性の原則

一定期間トレーニングをやめてしまうと、トレーニングで得た筋量や筋力は、徐々に失われていきます。


長くトレーニングを続けていた方の方が、筋肉の減少スピードは緩やかになります。それでもやめてしまえば必ず筋肉の減少は止められません。筋肉を増やしてリバウンドはしにくくなっても、リバウンドはしないということはあり得ません。


約2週間くらいから減少すると言われています。これを「ディトレーニングの概念」といいます。


トレーニングを再開した時には、筋力の再度向上する速度は速く「マッスルメモリーの概念」が示されます。


これらを守らないと思ったような結果が出にくくなることでしょう。


知らずに結果が出ている方は、意外にもこれらの事ができていたのかも知れませんね。


逆に結果が出ていない方は、原則を守りトレーニングに励む必要があるかも知れません。

0コメント

  • 1000 / 1000